さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


猫事記 › ダリ › 抗議する兎

2008年05月27日

抗議する兎

現在のマチスの私に対する厳しい態度はたぶんダリさんゆずりなのだろうと思う。
ダリさんもよく私になにかと文句を言っていたなあ。
以前、上海で二胡を買って来たことがある。
あの悠久の古代中国を思わせる美しい調べをぜひとも弾けるようになりたいものだと
ひそかに習いに行ってみたり、家で練習してみたりしたっけ。
なのになぜいまだに弾けないのか..........?

意思も気も弱い根性なしの私は、抗議する兎には勝てるはずもありませんでした.......。
.......って、兎のせいにするな!ってね。
抗議するときのダリさんがおかしかったなあ...と思いだして、描いてしまいました。


↑よかったらクリックしてね!

ファイブ ブログランキング


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(ダリ)の記事画像
望月懐遠
中秋の名月
命日
ダリと階段
いろんな壁......
話を聞いてくれる.......兎.....
同じカテゴリー(ダリ)の記事
 望月懐遠 (2014-09-08 18:05)
 中秋の名月 (2009-10-03 23:51)
 命日 (2008-06-18 14:37)
 ダリと階段 (2008-05-21 12:47)
 いろんな壁...... (2008-05-20 19:10)
 話を聞いてくれる.......兎..... (2008-05-19 23:04)

この記事へのコメント
tsu-tsuサンの二胡の腕前が、
ちょこっと想像できるような・・・

私も小学生の頃、日頃あまり泣かないマルチーズに、
よく抗議されました・・・

エレクトーンやハモニカには全く反応無しなのに・・・
縦笛を吹き始めると・・・わぅぅxxxxxx~と
たか~い声でうめいていたな・・・

ダリは、足ですか・・・
足はかなりな抗議ですね・・・
ブ~ブ~バンバン・・・
ダリ、やりますね!!!

『猫写楽』観に行っちゃいました・・・
みんな可愛いし、
日頃の描写から、誰がどの子か、すぐにわかった!

みんな他人に思えなかった・・・♪
Posted by ふっこ at 2008年05月27日 16:39
アハッ;+。+;
ダリさんは、よっぽど、二胡の音が、耳ざわりだったのでしょうね^^:
人間でも、音程のはずれた、ピアノとか、バィオリンのキーィキィーとした、音,,,いやですよね~@@(あっべつに、tsu-tsuさんの音がはずれてたッてことじゃないですよ。vv)
走って行って、止めたくなりますよ~ネ。^0^
だから、ダリさんも、ダァァァーーーーっと走って、やめてくれ~と抗議したのでは。。。*0*
どっか、、、べつの場所で、練習すればよかったのにね。^^*
Posted by yosi at 2008年05月27日 20:26
ふっこさま
ええええ、みんな私の二胡の腕前が悪いのがわるいんですとも。
ふふふっ!ダリは自分にとっての騒音が許せなかったみたいです。
炒め物とかで必要以上にジュウウウ!!!って大きな音がすると足下に走って来てやっぱりバンバン怒ってました。
いなくなると怒られなくて寂しいです。
Posted by tsu-tsu at 2008年05月27日 23:13
yosiさま
ムッッ!!みなさんずいぶんだなあ(笑)。
まあ、仕方の無い事です。
あの音じゃあ私が兎でも同じ事したと思いますねえ。
弦楽器の音はとくにウサギの耳にはきついかも.....です。
Posted by tsu-tsu at 2008年05月27日 23:16
こりゃあめちゃおもしろかったです。
ダリさんの反応がリアルに描かれていて
イソップ物語を連想しました。ウサギさんの
ブーイングもブー・ブーなのですね。人間と
同じなのがまた面白いです。後ろ脚を使うのが
やたら面白いです。

私も思い出があります。先代のチビがいた
頃でした。チビは私の部屋で寝ていることが
多かったです。ハーモニカを吹いてみたくて、
予行演習をしました。曲は「コンドルは飛んで
行く」でした。まずイタリアの歌手ジュリオラ・
ティンクエッティのヴォーカルで聴かせました。
チビは無反応。次は、南米の民族楽器のグループの
演奏を流しました。これまた無反応。これでよしと
最後に、私めがハーモニカで吹いてみました。なんと
最初の1小節を吹き終わらないうちに、チビはむくむくと
起き出し、「何よ、その音は!」と、声には出しませんが、
顔にありありとひなんの表情が読み取れました。
まっちゃんと同じように、目が三角になっていました。
構わず吹き続けると、ネコ穴から外へ脱出しました。
以降、チビが寝ているときは、ハーモニカは止めました。

数年後、ゴン太がやって来ました。ゴン太がいないときに
ハーモニカを吹いてみました。すると、ゴン太が猛ダッシュで
部屋の中へ走り込んで来るなり、私の膝に乗り、「ねえ、ねえ、
その不思議な音はな~に?」と興味深げに私を見上げる
のでした。曲は「コンドルは飛んで行く」でした。

今日はなぜかお休みです。学校はスポーツ大会だもんね。
Posted by スー at 2008年05月30日 09:37
スーさま
こんにちわ!
やっぱりゴンちゃんはいい奴ですね。
そうですよ、ダリも怒る前にせめて興味を持ってほしかったなあ...。
「そ〜んなに怒らなくてもいいじゃん.........」
って言っちゃうくらい怒ってました。
曲は「キラキラ星」でした。
Posted by tsu-tsu at 2008年05月30日 11:22
二胡ですか。中国大陸の懐の深さを感じさせる音ですね。でも、買っちゃうところがすごいですね。坂本龍一が音楽担当した『ラストエンペラー』に使われたのも二胡だったと思います。弦の数が少ない分、指の感覚で音をさぐるので、演奏はめちゃ難しいと思います。ふっとタイムスリップしてど懐かしい感覚に襲われますね。
Posted by ななし at 2008年10月10日 11:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
抗議する兎
    コメント(7)