さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


猫事記 › ダリ

2014年09月08日

望月懐遠



今夜は中秋の名月。
でもあいにくの空模様。
月を眺め、遠くの愛しいものたちを懐いたいと思っていたのだけど.........。

せめて夢の中で会いたいと思います。


(今日のメンバーはあえて家中の4匹にしました。)  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 18:05Comments(4)マチスダリ

2009年10月03日

中秋の名月

今夜は中秋の名月、
あまりお天気がよくなくてなかなか月に会えなかったけれど、
遅くになってようやく見えてきました。
やはり月にはダリさんがいます。
どうもお酒を飲んでいるようです。

こちらの世界にいるとき、ダリさんはロゼのワインが好きでした。
あちらの世界ではどうやら日本酒を飲んでいるようです。


↑よかったらクリックしてね!

ファイブ ブログランキング
  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 23:51Comments(8)ダリ

2008年06月18日

命日

今日はダリさんの4回目の命日。
月からダリさんが降りてくる日だ。
2004年の6月18日は新月だった。
月の満ち欠けに命はかなり左右されるという。
もう1日くらいがんばってくれればもちこたえたのではないか....と思ってしまう。
今年は月齢14.3.....明日が満月だ。
今夜は新入りたちも勢揃いでダリさんを迎えようと思う。

....ダリさん、また今年も変な子がふえちゃったよ。
よろしくおねがいしますね。


↑よかったらクリックしてね!

ファイブ ブログランキング
  


Posted by TSU at 14:37Comments(14)ダリ

2008年05月27日

抗議する兎

現在のマチスの私に対する厳しい態度はたぶんダリさんゆずりなのだろうと思う。
ダリさんもよく私になにかと文句を言っていたなあ。
以前、上海で二胡を買って来たことがある。
あの悠久の古代中国を思わせる美しい調べをぜひとも弾けるようになりたいものだと
ひそかに習いに行ってみたり、家で練習してみたりしたっけ。
なのになぜいまだに弾けないのか..........?

意思も気も弱い根性なしの私は、抗議する兎には勝てるはずもありませんでした.......。
.......って、兎のせいにするな!ってね。
抗議するときのダリさんがおかしかったなあ...と思いだして、描いてしまいました。


↑よかったらクリックしてね!

ファイブ ブログランキング
  


Posted by TSU at 16:26Comments(7)ダリ

2008年05月21日

ダリと階段

ダリは階段が苦手だった。
兎は前足が短いので降りるのがおっかないのだ。

後で冷静に考えたら、兎のような小動物は他の肉食動物(猫とか?)に狙われないように、
自分の血の臭いは消そうとするのだ。
だけどその時の私にはダリが「ああ〜〜!!!汚しちゃってごめんなさいよおお!!」って言いながらあわてて床をきれいにしようとしてるように見えちゃったのだ。
大急ぎで病院に連れて行ったら、消毒して終わりだった。
でもその後もダリは何度も階段から落ちて、そのうちだんだん2階には行かなくなった。

ごめんなさい!
上の絵日記の3っつめの『階段からすごい音がしたので』は『階段からすごい音がしたので行ってみたら』って書こうと思ってヌケてました。すみません、心の中で『行ってみたら』ってつけたして読んでください。


↑よかったらクリックしてね!

ファイブ ブログランキング
  


Posted by TSU at 12:47Comments(7)ダリ

2008年05月20日

いろんな壁......

マチスはある時期から女の子なのにスプレー行為をはじめたので、
お医者さんと相談して避妊手術に踏み切ったのだった。
どんなに可愛らしいおとぎ話のような世界でも、少女たちは確実に大人になっていくのだ。
そう......、ダリもマチスも女の子なのだ...じつは.....。

真実の愛に障害はつきもの.......。
ダリとマチスは種の壁も性の壁も超えて、愛し合うのであった........。
わ〜〜〜〜〜ん!!!!(涙)

(兎の雄は交尾の時、雌の首根っこにかみつきながら抱きつくのだそうで......、毎回、マチスは相当怒ってました。)


↑よかったらクリックしてね!

ファイブ ブログランキング
  


Posted by TSU at 19:10Comments(3)ダリ

2008年05月19日

話を聞いてくれる.......兎.....

マチスが1歳半くらいの頃、避妊手術をした。
病院から連れ帰ったら、心配性のダリが走って来ると思った。

その後、かなり長い間マチスはダリにくっついていたっけ.......。
きっといろんな事を話していたんだろう。
武田百合子の『富士日記』に、家に帰ったときに話を聞いてくれる人がいることの幸せ....みたいなことが書いてあったけど、
まさしくマチスにとってのダリはそんな感じだった。


↑よかったらクリックしてね!

ファイブ ブログランキング
  


Posted by TSU at 23:04Comments(9)ダリ

2008年05月18日

愛のチカラ

ダリとマチスは本当に仲がよかった。
マチスはダリに甘え放題で、ダリは何をされても怒ったりしなかった。
兎のダリには子猫の爪や歯はかなり痛かったと思うけど......、ダリはとにかくマチスが大好きだったのだ。

動物たちと暮らすからにはあれこれよけいな事をしてはいけないのだ。
ただただ黙って見守るだけだ。
彼らの純粋さには何もかなわない。
そんなことすらいつもいつも教えられてばっかりだ。


↑よかったらクリックしてね!

ファイブ ブログランキング
  


Posted by TSU at 16:29Comments(3)ダリ

2008年05月17日

大人の顔

年齢に関わらず、大人の顔とか子どもの顔とかってあるもんだ。
昔タイの奥地で出会ったいろいろ事情のある子どもたちは、
20歳をとっくに過ぎていた私などよりもずっと大人の顔をしていた。
兎のダリは生後1か月のときにうちに来たのだが、あっという間に大人の顔になった。
最初につけた名前が似合わなくなるほど急にキリリとした顔になったのだ。

たぶん、人でも動物でも何か使命感を持ったり、何か強く決断した時なんか急に大人の顔になるのかもしれない。
幼名『ぷくちゃん』の兎はほんの1週間ちょっとで『ダリ』という名前に変わり、
8歳で月に帰ってしまう頃には『ダリさん』と尊敬をこめて呼ばれていた。

.....来月はダリさんの4回目の命日だ。


↑よかったらクリックしてね!

ファイブ ブログランキング
  


Posted by TSU at 14:55Comments(5)ダリ