さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


猫事記 › 猫の歌と画

2016年04月20日

「媼のあっぱれ」


先週、4月10日の朝日新聞朝刊の朝日歌壇、
前橋市の萩原葉月さんのこの歌、
猫の歌ではないのだけれど、読んですぐ、ど〜ちゃんの今際の際の顔が目に浮かんだ。

眼(まなこ)開け「わたしは臨終かね」と問ひ そのまま果てし 媼(おうな)のあっぱれ

ど〜ちゃんやこの歌のおばあさんのようにあっぱれに死ぬためには、
あっぱれに生きることが必要なのだろうな......…..。
難しいことだなあ...…..、私はきっとじたばたしてしまいそうだ。
              
タグ :絵日記


Posted by TSU at 16:41Comments(12)猫の歌と画

2015年09月13日

ココロの歌



........そういうココロを歌う。
........そういうココロを描く。
それこそが平和への主張となるのではないか......と思ったりして。  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 15:10Comments(4)猫の歌と画

2014年02月24日

届ける男

今朝の朝日新聞の朝日俳壇を見ていて、どうしても描きたくなってしまった句がひとつ.......。
猫の詩ではないけれど.....。



そうか....、そうだったのかグリ.....。
グリとブリの大きさが絵としてどうなのか.....って気もしますが、
まあ、ご愛嬌。
  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 14:11Comments(10)猫の歌と画

2014年01月12日

冷たい鼻



このごろとっても寒いのにグリがあまり顔を出しません。
1日1回くらいはちらっとごはんを食べにくるのだけど、すぐにどこかに行ってしまいます。
どこで何をしているのやら.......。

でも、きっと、こんなふう。  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 14:57Comments(6)猫の歌と画グリ

2013年12月23日

冬の休日

連休なのでグリ二連発。




冬のグリは夏の1.5倍くらい大きい。
むっちむちでもっふもふだ。
ああやって自分で調節してるんだなと思うと、
なんともいえない気持ちになって、ついついごはんも1.5倍。
  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 12:01Comments(4)猫の歌と画グリ