さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


猫事記 › 番外

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2018年10月11日

おしらせ




風太郎の訃報でみなさまにご心配おかけしております。
元気にしております。(少々お酒の両が増えましたが.......)

ところで

猫とは全然関係ないので、ここにアップするのはちょっとためらいましたが、やっぱり告知させてください。

10月23日(火)〜11月6日(火)まで荻窪の本屋さん『本屋Title』さんの2階ギャラリーで個展をやります。
私は、ここ10年ほど、ひじょ〜にマニアックな「漢字のなりたち」を絵で表現するということを業としておりますが、
笑吉がやってきた2010年から何冊かその成果を書籍として出版しております。(あ、笑吉は関係ないですが......)
それらの核になっている『白川静文字学』と私の仕事の断片とを紹介させていただく......という主旨の展示です。

お近くの方、
文字に興味のある方、
漢字マニアな方、
白川静ファンの方、
私をつかまえて猫の話でもしようかしらと思われる方、
『本屋Title』に興味のある方、
たまたま通りかかった方、
などなど
よかったら、ちらと、お覗きくださいませ。

10月23日(火)12:00~15:00 
10月28日(日)14:00~18:00
11月3日(土)14:00~18:00
11月6日(火)16:00~19:00 
は、在廊している予定です。
それ以外にも時々は会場にふらふらしているつもりです。

どうぞよろしくおねがいします。
  


Posted by TSU at 18:26Comments(10)番外

2018年07月10日

祈り





オレはなにも信仰なんてしてないけど、

平成最後の夏、

土に、空に、祈る。

みんな元気で。
元気でいてください。

グリ
  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 16:02Comments(12)番外

2018年03月19日

証拠写真

世の中、いんちきで満ちているからね。
証拠写真をあげておくね♡
ほ〜〜〜〜ら!



びっくりしたでしょ?

お母さんが帰ってくるまでこのまま動かないんだから〜〜〜〜〜。
  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 16:00Comments(20)番外

2017年05月31日

『勿忘草の君』絵はがき

近頃更新がすっかり滞っております。
近況としては、数日前、みぃこの子どもは1匹亡くなってしまいました。
柿右衛門と呼んでいた子です。
食が細く、水ばかり飲んで、だんだんだんだん弱って来て、ある朝みぃこに看取られながら亡くなりました。
小さな亡骸にはいつまでも二匹の兄妹が添い寝をして離れず、みぃこもずっと側に寄り添っていました。
他の子たちも風邪気味だったのでその日思い切って全員を病院に連れて行きました。
注射と薬ですっかり元気いっぱいです。
今はみぃこが二匹の子猫を過保護なくらい大事に大事に片時も離れず育てているのを
私たちは付かず離れず見守っています。
猫と人との関わり方について日々考えさせられています。
そんなみぃこの立派な子育てぶりは、また後日絵日記に描くとして、

本日はお知らせです。
グリの1周忌を記念して、この前描いた絵を絵はがきにしました。
ぺっつんさんのコメントにあった『勿忘草の君』という表現がとても心に染みたのでタイトルにいただきました。



裏はこんな



普段のご愛顧に感謝して、ご希望の方に1枚お送りいたします。
ご希望の方はこのサイト内の「オーナーへメッセージ」(メッセージを送る)というところからお名前とご住所をご連絡ください。
後日、発送いたします。

また、1枚ではなく複数枚ご希望の方は申し訳在りませんが1枚100円でお願いいたします。
はがきが届きましたら、『切手』で代金をお送り下さい。

ではでは!

  

Posted by TSU at 17:41Comments(15)番外

2017年03月11日

「ただ存在すること。
そのこと自体がもうすでに声なんだ、
ということを信じたいんです」




「ただ存在すること。
そのこと自体がもうすでに声なんだ、
ということを信じたいんです」
------------------------------------------写真家の齋藤陽道さんの言葉です。

すごく心に残っている言葉です。
「ただ存在すること」.......「そのこと自体がすでに声」、
.........そのように存在したい。
そう言えるように存在したい。
そういう「声」を持ちたい。

猫たちの様に。

  


Posted by TSU at 14:35Comments(6)番外