さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


猫事記 › 雉子丸

2019年07月19日

現状のおさらい

我が家の猫事情が不本意にも一変してしまい、しかも、名前のつけ方がややこしく、
親子関係、兄妹弟関係もややこしいので、ここらで、一度きちんとおさらいをしてみたいと思います。



まずはみぃこさん。
年齢不詳、みんなのお母さん。

そして2年前の3月にみぃこさんが産んだ5匹のなかの1匹、「桃」。
男の子、2歳。神社のお狐様のような風貌、不思議ちゃん。

同じく、2年前の3月の5匹の中の1匹、「栗」。
女の子、2歳。おてんばなので通称「くり坊」、お母さんが大好き。

さらに2年前の6月にみぃこさんが産んだまさかの8匹!のなかの1匹、「雉子丸(きじまる)」。
男の子、いつも眠い。びっくりするほどよく眠る。お布団大好き。
しっぽが中途半端な長さで安いズッキーニみたいでしかもいつもエビ天のように反り返っている。

なんとなく、名前のせいか、桃を女の子に、くり坊を男の子に勘違いされがちな気がするので、あらためて描いてみました。




  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 20:23Comments(2)みぃこ桃•栗雉子丸

2019年07月03日

1/8も2歳です。

あの1/8の雉子丸も先月の28日で無事に2歳になりました。

顔は一番みぃこに似てます。
ちょっとたれ目気味だけど。
手足がちいちゃいのもみぃこ似(雄なのに)。
性格は...........笑吉似。
エビ天みたいなしっぽをいつも立ててるところも.......笑吉似。

かわいいよ♡  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 18:56Comments(10)雉子丸

2019年02月23日

気の合う2匹

雉子丸のおかげで笑吉は外に出る事ができるようになった。
本当は心配なので出したくはないのだけど。
出たくて仕方がなかったわりに、案外出てみると、迷子になったり、隣の猫とけんかになったりで、ままならない事が多いらしい。
以前、笑吉が迷子になってなかなか帰って来れなかったとき、雉子丸に「笑吉を探して来て!」と頼んでみたら、ぴゅう〜っと走って行った雉子丸はものの10分ほどで笑吉を伴って帰って来た。
それからは笑吉はいつも雉子丸の後ろをくっついて歩く。
雉子丸がいない時はうちの周りをうろうろするだけにしているみたいだ。



窓の外を2匹のしっぽが動いて行く。
かならずシマシマが先で、白黒が後だ。
外でも中でも2匹は仲がいい。
雉子丸は桃栗とはあまりうまくいかないので、まるで笑吉と兄弟みたいだ。
馬が合う猫っているんだな。
  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 15:32Comments(8)笑吉雉子丸

2019年01月20日

新米ですから......



すっかり慣れているようでも、雉子丸はまだまだ新米。
なにかと家猫教育が足りませんな。
でも、夜寝る時だけはだれよりも家猫.........、お布団大好きですから。
  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 16:30Comments(8)雉子丸

2019年01月11日

茶々丸と雉子丸



1月15日は茶々丸の命日だ。
去年の今頃、雉子丸はまだ外で暮らしていた。
まだ里親を捜してはいたけれど、だんだん大きくなって来ていたし、地域猫登録もして、近所でもかわいがってもらい、
このまま外猫として面倒を見ようと思っていた。
兄弟猫がいつもいつも一緒に遊んでいる姿は、それはそれは愛らしくて、
近所の人たちもどっちか一匹を引き取るのはかわいそうだと言って、ごはんをあげてくれたり、キャットフードを差し入れてくれたりして協力してくれていた。
茶々丸は好奇心も強くて、人懐っこくて、まるで小犬のようで、反対に雉子丸は慎重で警戒心が強かったから、どちらかといえば茶々丸の方が人気者だった。
でも、その性格が災いしたのかもしれない。
不注意に道に飛び出したのだろう................。

今思えば、茶々丸はいつもしっぽを立てていたけれど、雉子丸はそうではなくて、
いつも茶々丸の後ろから用心深く走っていたっけ。

茶々丸が死んでしまって、箱の中に引きこもってしまった雉子丸..........。
「ごはんだよ」って言っても出てこなくて、箱の中にそうっとお皿を入れておくと、後でこっそり食べていた。

今、雉子丸のしっぽはいつもぴ〜んと立っている。
お布団にも一番に入って来て、朝までずっと寝ている。

オッケィ雉子丸!あとはお家でトイレができるようになろうか!
今年の目標は『お家でトイレ』だ。  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 18:39Comments(8)雉子丸