さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


猫事記 › 猫との暮らし

2019年05月16日

go!go!猫たち!!

ある晴れた日



誘われるままに出てみたら、グリの車に鼻黒チームが待っていました!!!!



わーい!!!

GO!GO!猫たち!!!!!
最高だ!!!


..........という絵を描いてみました。

  
タグ :絵日記


2019年05月05日

令和元年 ね・こ ども の 日




令和元年「ね・こどもの日」です!

我が家の猫事情は平成の終わりとともにがらりと変わってしまいました。
雉子丸のトイレ嗜好のせいで猫砂のタイプも変わり、お食事のお皿の数も減り、食事の内容も変化し(老猫や療養食がなくなりました)、
なんといっても私と夫以外はみんな血がつながっているという不思議な一家。
雉子丸と栗はけんかばかりしていますが、食事がすむと家族全員で二階に上がってしまって、猫だけでなにやら勝手にしていたりして、
なんだか腑に落ちない寂しい感じ........。
やっぱりお母さんがいるってちがうみたい。
今までの猫たちみたいに人間にすがってこない......。
例えると......、一家で居候している猫たち.....?
な、ん、か、さ〜び〜し〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!
私たち夫婦はすっかり大家さん扱い。
みぃこさんにまんまとやられました。
「家賃よこせ〜〜〜〜〜!!!!」

雉子丸がだんだん笑吉に似てくるとか、栗がど〜ちゃんにそっくりとか、で、名前を間違ってしまったりもしていますが、
今居る猫たちととにかくとことん仲良くやっていこうと思います。

令和最初のねこどもの日、あっちこっちの猫たちがご機嫌でありますように。
  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 12:55Comments(14)猫との暮らし季節

2019年04月24日

四十九日に、



明日は、きいちと笑吉の四十九日だ。

少しは気持ちの整理をしなくてはいけないなと思ってはいる。

わたしたちの大事な黒猫きいちは、弱って行く心臓を自分でちゃんとコントロールして、少しずつ少しずつ大事に大事に時間を使って、
最後の一息までとても上手に吸い込んで、すうっと吐き出して、静かに幕を閉じました。
たぶんちゃんと寿命を意識して、じぶんなりに死出の準備をしていったように思いました。

でも、

わたしたちの大事な永遠の小学生の笑吉は、そんな覚悟もないままに不慮の事故で逝ってしまいました。
たくさん血を吐いて、
苦しんで、
うめき声をあげて、
本当に可哀想な最期でした。
自分が死んでしまうなんてこれっぽっちも考えていなかったはずです。
しばらくして、痛くも苦しくもなくなって、気がついたら、
知らない場所をきいちくんと二匹でふわふわと歩いていたのでしょう。
きいちくんと違って、覚悟の無かった小学生は、私たちに会えなくてうんと泣いているかもしれません。
あの子は誰よりも寂しがりやで甘えん坊なのです。
しかも泣き声はラッパのように大きくてうるさいのです。
きっときいちくんを困らせていると思います。
なので、仏様、お願いします。
あの子をうんと抱きしめてあげてくださいませんでしょうか?
私たちのかわりに思いっきり甘えさせてあげてくださいませんでしょうか?
そして、きいちくんを困らせることのないように言い聞かせてください。
そして、いつか、必ず私たちもそちらへ逝くのだからお利口に待っているように伝えてください。

どうか、どうか、よろしくお願いいたします。

TSU  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 20:08Comments(15)猫との暮らし笑吉

2019年03月14日

2019年3月8日

2019年3月8日午前9時50分
長く煩っていたきいちが静かに静かに息をひきとりました。
心筋症の猫は時にすごく苦しんで逝く場合があると覚悟していたのですが、
前日の夜までしっかりご飯を食べ、寝たままですがおしっこもうんちもちゃんとして、
翌日の朝だんだんと呼吸が静かになっていき、やわらかく手をぐ〜ぱ〜して、ゆらぁりとしっぽを動かして、
それはそれは上手に上手に永遠の眠りにつきました。
その姿はまるで黒いファルコンのようで、みんなで厳かに看取る事ができました。




しかし、
その3時間後、
信じられない事に、
いまだに信じたくもない事に、
食後、雉子丸と外に遊びに出ていた笑吉が車にはねられました。
大きなドンッ!という音がして、胸騒ぎがして外に出てみたのですが、
道に車も猫も見当たらなかったので安心して家に戻ろうとしていたら、
隣の奥さんが家から出て来て
「笑ちゃんが塀から落ちて、うちの庭で倒れている!」
と教えてくれて、駆けつけた時には激しく痙攣しており...........。
すぐに病院に連れて行きましたが、胸部を強く打ち、内蔵が破損していて、たくさん血を吐いて.....苦しんで苦しんで..........逝ってしまいました。
車にはねられた後、ふらふらしながらお隣の塀づたいに家に帰ってこようとしていて、下に落ちたようです。

きいちが逝った後、笑吉に「これからはおまえが一番上なんだからしっかりしてね」と言ったばかりでした。




悪夢のような日から今日で一週間........、私たちはまだ悪い夢の中にいます。
後悔で後悔でいっぱいです。
どんなに外に行きたがっていても、どんなに網戸をこわされても、どんなにうるさくさわがれても、やはり出すべきではありませんでした。
どんな死に方もつらいですが、交通事故は悲惨です。
笑吉は本当に苦しんで逝きました。
可哀想で可哀想でたまりません。
毎日毎日、笑吉に謝っています。

あれから雉子丸も心を鬼にして外に出していません。トイレトレーニング中です。
雉子丸はまた仲良しを亡くしたショックで少し挙動不審です。

今日は二匹の初七日です。








  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 15:52Comments(23)猫との暮らし笑吉

2019年02月16日

きいちスケッチ-まぁるいこころ

うちにはいろんなジェネレーションのいろんな生い立ちの猫がいっしょくたに暮らしている。
いわば猫コミューンだ。ネコミューン?
きいちくんが病気で弱ってくるのはせつないけれど、元気な頃には見なかったすてきな風景を目にする事ができる。
わがままで、猫嫌いだったおこりんぼのきいちはどちらかといえば、ずっとみんなに煙たがられていたのだけれど、
今、どの子たちもそれぞれがそれぞれのやり方できいちくんのことを気遣っている。(笑吉でさえ!)

みぃこさんは不思議な猫だ。
家に来た最初の頃からずうずうしいほどわたしたちに頼って来たし、
なかに入って来たらなにも教えないのに家の中の暮らしになじんでいった。
風太郎が弱って来た時は風太郎に寄り添い、
今度はきいちくんのそばでにこにこして寝ている。

なんだろうなあ..............。
まんまるなんだなあ、こころが。(からだも?)  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 13:29Comments(9)猫との暮らしみぃこ