さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


猫事記 › 猫の歌と画 › 「媼のあっぱれ」

2016年04月20日

「媼のあっぱれ」


先週、4月10日の朝日新聞朝刊の朝日歌壇、
前橋市の萩原葉月さんのこの歌、
猫の歌ではないのだけれど、読んですぐ、ど〜ちゃんの今際の際の顔が目に浮かんだ。

眼(まなこ)開け「わたしは臨終かね」と問ひ そのまま果てし 媼(おうな)のあっぱれ

ど〜ちゃんやこの歌のおばあさんのようにあっぱれに死ぬためには、
あっぱれに生きることが必要なのだろうな......…..。
難しいことだなあ...…..、私はきっとじたばたしてしまいそうだ。
            


タグ :絵日記

同じカテゴリー(猫の歌と画)の記事画像
ココロの歌
届ける男
冷たい鼻
冬の休日
冬の雨
猫寒の朝......
同じカテゴリー(猫の歌と画)の記事
 ココロの歌 (2015-09-13 15:10)
 届ける男 (2014-02-24 14:11)
 冷たい鼻 (2014-01-12 14:57)
 冬の休日 (2013-12-23 12:01)
 冬の雨 (2013-12-22 00:08)
 猫寒の朝...... (2013-11-05 16:59)

この記事へのコメント
動物ほど賢明ならざるわれわれ凡愚の輩は、じたばたじたばたいたしましょう。
Posted by 飯野 at 2016年04月20日 19:04
ほんとうに あっぱれな死に方は出来るものではありませんね~
この世に未練を残さずに 納得のいくままに お別れできたら綺麗ですよね。
私も ジタバタして 誰か助けて!!って喚きそう。
Posted by miau at 2016年04月21日 00:09
あぁ、わしも果てる前に「わしは臨終かね」と言いたい。
近々でもいいな。
どーちゃんあっぱれ~。

TSUさんはまだまだしばらくじたばたして下さいなー(^^)
Posted by きゅう⭐ at 2016年04月21日 01:10
私も、しぬときは黒猫P様みたいに逝きたいけど
きっと実際は ぜ~~ったい無理!!w
「ちぬちぬ」元気にさわいで
「ちにたくないいいい」ってオイオイ泣いて
お空からハネはえたぷりケツのちいさいの
(または地の底から黒っぽいモヤモヤしたの)がお迎えに来るまで
全力で足掻くと思いまっす!!
に ん げ ん だ も の (笑)
Posted by ぺっつん at 2016年04月21日 09:11
>あっぱれに生き、あっぱれにあの世へいく・・・。
煩悩に右往左往し、あたふたする悩ましき人間たち。
でもそれが神?から与えられたものだとすると清く
生きてこそ存在する意義があるのかもしれませんね。
生きていてよかったと思える日が少しでも増えます
ように...と踏ん張ることも大切ですね・・・。
Posted by 北の旅烏北の旅烏 at 2016年04月21日 10:41
うーーん。
あっぱれ。
そんな風に逝けるかな・・・私。
Posted by kemmi at 2016年04月21日 19:17
飯野さま
ああ、ほんとうに……。
お互い、次こそは猫に生まれましょうね。
Posted by TSUTSU at 2016年04月22日 17:47
miauさま
せめてそのときまでは理想をもって生きてみましょうかね。
Posted by TSUTSU at 2016年04月22日 17:54
きゅう⭐さま
みんないっしょにとことんじたばたいたしましょう。
Posted by TSUTSU at 2016年04月22日 17:55
ぺっつんさま
ど〜ちゃんは本当に神様が迎えに来たなって感じでした。
ど〜ちゃんに一筋の光がさして、
ど〜ちゃんがそれを見上げて………………..。
わ〜〜〜〜〜〜〜ん!!!ど〜ちゃん!!!まだ私の小さな猫でいてください〜〜〜〜〜!!!!
………………………….
あ、ど〜ちゃんの「そのとき」にもあたしったらじたばたしてたわ。
Posted by TSUTSU at 2016年04月22日 17:59
北の旅烏さま
さっき夫が、スーパーのお惣菜で「チビエビフライ・タルタルのせ/一個増量」ってのを買って帰って来てくれて、ほんの少し、「生きててよかった」って思いました。
こんなんでもいいでしょうか?
Posted by TSUTSU at 2016年04月22日 18:03
kemmiさま
………...う〜〜〜〜〜〜〜〜ん......….、どうかな?
でも、きっとkemmiさんならわたしよりはあっぱれに逝けると思う。
長女だし........(笑)。
Posted by TSUTSU at 2016年04月22日 18:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「媼のあっぱれ」
    コメント(12)