さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


猫事記 › 野良な猫たち › グリ › 足をとられず

2015年03月03日

足をとられず



外で会うグリはクールだ。
昨日も知らないお家に正面から堂々と入って行った。
「グリ!」と声をかけると、一応こちらをみて無言でするりと行ってしまった。
あんな重そうな身体で、軽やかに、しかもしっかりと。
何にも足をとられることなくぐんぐん進んで行く。
そして、失敗したり、ケガをしたり、疲れたりしたら休む。
休んでまた出かけて行く。
あたしもそうしよう。


タグ :絵日記

同じカテゴリー(野良な猫たち)の記事画像
猫の涙
175g
男はつらいよ
四日目
お彼岸の中日
はじめまして?
同じカテゴリー(野良な猫たち)の記事
 猫の涙 (2017-03-27 17:18)
 175g (2017-03-25 14:30)
 男はつらいよ (2017-03-24 16:13)
 四日目 (2017-03-23 17:34)
 お彼岸の中日 (2017-03-21 14:35)
 はじめまして? (2017-02-15 19:24)

この記事へのコメント
ほんとだね。
猫は、服も着ないし靴も履かない。
お金がなくても家が無くてもキニシナイ。
どっかに行くときだって、そこがどこでも、どんな遠くでも
財布もケータイも何も持たずにフラッと行けちゃう。

すきなものどうしはぴったんこくっついて
苦手なヤツとは微妙に距離を取って
それでもアッタマ来たらギャアギャア怒ってケンカして、
眠くなったら寝て、
寒い日はキュウッと丸くなって
あったかいときはべろ~~んと伸びて。

死ぬまで生きる、それだけ。

ニンゲンの、なんとメンドクサイことよ。
猫。
すごいよね。
Posted by ぺっつん at 2015年03月03日 11:00
ぺっつんさま
ほんとだよね、メンドクサイね。
せめて「死ぬまで生きる」は真似しよう!
Posted by TSUTSU at 2015年03月03日 11:04
TSUさま
茨木のり子さんは好きで詩集を一冊持ってきました。
色々と足を取られるような事はあるけれど
私もグリのようにやってみようと。
Posted by kemmi at 2015年03月06日 06:28
凄いな、グリさん。
わたしは、今でも年が行ってても、考えが足りなかったり自己嫌悪やらで落ち込むこともあるけれど、取りあえず、死ぬまで自分なりにプラス思考で生き抜かなくっちゃね。
Posted by 冬の寝子 at 2015年03月06日 14:01
kemmiさま
私は茨木のり子さんの詩を時々読んで背筋を伸ばしてます。
Posted by TSUTSU at 2015年03月06日 18:03
冬の寝子さま
そうですよね、グリのようにはなかなかなれなくても、「自分なりに」生き抜かなくっちゃね!お互いがんばりましょう!
Posted by TSUTSU at 2015年03月06日 18:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
足をとられず
    コメント(6)