さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


猫事記 › 野良な猫たち › さすらいのプー (1)

2008年10月02日

さすらいのプー (1)

以前住んでいた家には広い庭があって、草ボーボーののっ原状態だったので近所中のノラ猫たちがやってきていた。
みんな家に来ては、遊んで、寝て、恋をして、家族を連れてもどってきたり、ずっと来続けたり、そのうち来なくなったり、
いろんな猫がいろいろだった。
ドリもその一匹。
ドリは銀ちゃんとテリー君という猫たちのこどもなんだけど、お兄ちゃんがいた。

久しぶりに会ったプーはでっかくなっていて、がっちりしていて..........、傷だらけだった。

つづく


↑よかったらクリックしてね!

ファイブ ブログランキング


タグ :イラスト

同じカテゴリー(野良な猫たち)の記事画像
神様まじめに仕事してください!
猫の涙
175g
男はつらいよ
四日目
お彼岸の中日
同じカテゴリー(野良な猫たち)の記事
 神様まじめに仕事してください! (2017-03-29 14:49)
 猫の涙 (2017-03-27 17:18)
 175g (2017-03-25 14:30)
 男はつらいよ (2017-03-24 16:13)
 四日目 (2017-03-23 17:34)
 お彼岸の中日 (2017-03-21 14:35)

この記事へのコメント
野良猫が2年近くも生き延びるのは奇跡のようです。餓え、寒さ暑さ、交通事故、人からの虐待、猫同士の喧嘩による怪我、伝染病、寄生虫、病気‥こんな条件のもと、すごいことです。もしかして、誰かの一定の保護の下で生活できて、生き延びたのかもしれないですね。でも、そこからも離れて、また最初にいた場所に舞い戻ってきたのですね。心が痛みます。。
Posted by ななし at 2008年10月15日 12:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
さすらいのプー (1)
    コメント(1)