さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


猫事記 › グリ

2016年06月26日

愛の歌-2 

昨年の夏の記事。
いろんな意味で、あまりに「ああ、本当にそのとおりだ」と思う。

みんなの「らぶらぶ」と幸せのために、選挙に行かなきゃ!



以下、昨年の8月10日の記事です。
*************************************************************************************************************



ミーンミーンミーンミーンミーンミーン.....................
ミーンミーンミーンミーンミーーーーーーーーーーーーーン

「いつまでも幸せの中にいよう
君と一緒にいよう。平凡な暮らしの中に
やすらぎと笑顔が
僕たちの未来を照らす
ああ僕たちの人生がおわる
そのときまで
僕たちはらぶらぶだよ
きっときっと
僕たちはらぶらぶだよ」

「猫の後ろ姿」より拝借(劇作家・水木亮さんの劇中歌)
  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 22:52Comments(12)日々雑記グリミケコ

2016年06月18日

愛の歌

グリがいなくなってひと月がたちました。
居なくなったことがしんじられないような、
そもそもあんな嘘みたいな存在、無かったかのような.....そんな気持ちで窓の外を見ています。


『猫の後ろ姿』さんのブログ
ニーナ・シモンさんという人の「我が恋人の黒髪」という歌が紹介されていた。

「黒は、私の最愛の人の髪の色

彼のくちびるは、美しいバラのよう

甘い微笑みと、優しい手

私は、あの人が立っている

足もとの草さえ好き」

この詩を読んで、ミケコが歌っているように感じました。

そして、何より

「ああ、やっぱり愛だよなあ」

とつくづく考えてしまったのでした。




  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 23:50Comments(11)グリミケコ

2016年06月08日

魂魄移動



花にはまったく疎いので、何をどう植え、育てれば良いのかわからず、適当に選んで適当に水を撒いている。
ミケコの上の勿忘草はずっと咲いていたのに、
グリを埋めて数日したら、花がだんだん咲かなくなって、
今ではすっかり葉っぱだけになってしまった。

グリの上に植えたのは、サンビタリアスタービーニという黄色い野の花っぽいかわいいやつとアズーロコンパクトという青い涼しげな花、そしてプリンセス・クローバーっていうクローバー。
なんとなくグリには葉っぱものと黄色い花が似合うような気がして….。
…………………..なんだかしらないけど、どんどん元気になっている。

やっぱり、あれでしょ?
ミケコが移動したとしか思えないでしょ?
きっとそう、
たぶんそう、
絶対そう。  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 16:21Comments(34)グリミケコ

2016年05月22日

物語のお裾分け

皆様、いろいろありがとうございます。
少し落ち着いたらまたお返事書きますね。
ちょっと待っててね〜。

たくさんの感謝をこめて、
素敵な猫たちの物語をほんの少しですがお裾分けです。











こんなに仲のいい猫たちがいたんだよ。
ほんとに。



またね。
  


Posted by TSU at 18:35Comments(30)グリミケコ

2016年05月21日

今頃きっと



今頃きっとこんなふうかな?


  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 19:50Comments(16)グリミケコ