さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


猫事記 › 原発反対! › ど〜ちゃんの原発反対ー赤ずきんど〜ちゃん

2012年09月14日

ど〜ちゃんの原発反対ー赤ずきんど〜ちゃん




ど〜ちゃんはどんな声にもだまされないぞっ!


あなたにおススメの記事

タグ :絵日記

同じカテゴリー(原発反対!)の記事画像
ど〜ちゃんの原発反対-その191「お空の上から思うこと」
ど〜ちゃんの原発反対-その190「お空の上から」
ど〜ちゃんの原発反対-その189「大きな瞳で」
ど〜ちゃんの原発反対-その188「風が吹けば」
ど〜ちゃんの原発反対-その187「福は〜うち〜!」
ど〜ちゃんの原発反対-その186「続けていれば」
同じカテゴリー(原発反対!)の記事
 ど〜ちゃんの原発反対-その191「お空の上から思うこと」 (2016-04-22 17:39)
 ど〜ちゃんの原発反対-その190「お空の上から」 (2016-03-11 17:14)
 ど〜ちゃんの原発反対-その189「大きな瞳で」 (2016-02-19 17:21)
 ど〜ちゃんの原発反対-その188「風が吹けば」 (2016-02-12 18:07)
 ど〜ちゃんの原発反対-その187「福は〜うち〜!」 (2016-02-05 18:29)
 ど〜ちゃんの原発反対-その186「続けていれば」 (2016-01-29 17:48)

この記事へのコメント
ど~ちゃん ふぁいとです!
原発再稼働したり、増税したり、
嘘ついて約束守らない人は
信用してはいけません!
まして 日本を託すなんて~~!
だめだめ~!
Posted by しろうさ at 2012年09月15日 09:46
(※どんな声w)
電気は産業の米!コストの安い原発による供給をしないと産業構造が崩壊します。将来、太陽光発電が主流になると『算数』計算で電気料金が今の『2倍』になってしまいます。

現政府のエネルギー政策が発表されました。以下の通りです。

「2030年に原発稼動0を『可能』と『するよう』にする。」

つまり、2030年以後に原発は稼動してていいし、40年という期間も設けましたが、保安院がイイといえば40年を超えても稼動がOKというこです。。

原発は確かにリスクを内包していますが、人類の『英知』で乗り切る必要があると思います。。
Posted by ☆ at 2012年09月15日 12:00
しろうささま
ど〜ちゃんはでっかいお目めでいつもじ〜〜〜っと人を見ます。
たぶん、いろんなものが見えているのだと思います。
Posted by TSU at 2012年09月16日 14:35
☆さま
人類に「英知」と呼ばれるようなものがあるなら、造ってしまったアクセルしかない恐ろしいものにまずブレーキをつけてほしいと思います。そしてコストとか経済的損失とか言う人々はとにかく「絶対安全」といわれながら事故が起きてしまったというこの日本の「現実」を真剣に考えてほしいと思います。
原子力関係の科学館展示を制作していた知人は「チェルノブイリとちがって日本の原発は安全です」という展示テキストを当時信じていたことをとても後悔していました。
いつも、何度も言うようですが、起きてしまうと取り返しのつかないことになるようなものを、ほんの少しでも存在させることが人類にとってなんの利益になるのでしょうか?
事故は明日にでも起きるかもしれません。
もう一度福島と同じ事故が起きた時にも同じことが言えますか?
Posted by TSU at 2012年09月16日 15:00
TSU様 こんにちは。
いつも拝見させていただきありがとうございます。ねこちゃんたちの絵とコメントに癒されております。
昨年の震災による原発事故以来、多くの方が原発に対して恐怖心を持っているようですね。チェルノブイリの原発事故のイメージがあるからだと思います。チェルノブイリでは核燃料が入っている原子炉が制御不能になり原子炉そのものが爆発しましたが、福島では地震によって原子炉は制御が働き正常に停止しました。しかし冷却装置が津波で壊れたために、水素ガスが発生し原子炉を覆っている建屋が爆発し損壊しました。これは技術の改良で防ぎようのある事故です。この度は津波で多くの方の命が失われましたが、原発事故で1名の犠牲者も出ていないということを冷静に受け止めてもらえればと思います。世の中に100%安全なものはありません。資源のない国が生き残っていくためには技術革新を続けていくしかないのです。このことをご理解いただけると幸いです。人様のブログに長々と失礼いたしました。
TSU様が一日でも早く平穏な心を取り戻せますよう願っています。
Posted by おじさん at 2012年09月17日 15:34
原子力ムラ&賛成派の方々へ

人類が地球上で、多様な生物と共存するということに
「原子力開発」は必要でしょうか?

持続可能な方向性を見出すのが人類としての役割。

何かを決定するのに、人類が頂点ではなくて
「地球に喜ばれる」ような行動を第一に考えることが
地球上の生物全体の“明るい未来”への道につながる
方法かと思うのです。

閑話休題

♪ど~ちゃん
「この耳は、市井の皆の声を聴くために長いのですよ」
「この口は、市井の皆の声を反映して演説するために大きいのですよ」
と、世の政治家さんたちに
本心で本当に言って欲しいですね。

赤頭巾ちゃん、烏合の衆に
食べられないように、ご用心!

ど~ちゃん、いつでもパンダちゃん連れているのねぇ
WWF会員さんみたいですね。

くすくす、かわええ~♪
Posted by れーら at 2012年09月17日 18:24
おじさんさま
私はいつだって平穏なココロで過ごしております。
Posted by TSUTSU at 2012年09月18日 19:30
れーらさま
ありがとうございます。
ど〜ちゃんは実は一人では怖いのでパンダちゃんを連れているのだそうです。
Posted by TSUTSU at 2012年09月18日 19:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ど〜ちゃんの原発反対ー赤ずきんど〜ちゃん
    コメント(8)