さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


猫事記 › 猫の歌と画

2013年05月27日

「猫の詩」募集のおしらせ



昨年からごくごくたまにアップしている「猫の詩と画」シリーズ。
もともとはある方から朝日新聞月曜朝刊の「朝日歌壇・俳壇」に載っていた猫の詩の抜粋を送っていただいたのがきっかけだったのですが、自分でもなかなかおもしろく、詩に絵をつけるっていうのをちょこちょこやろうと思いました。
ほんとは自分で詩が詠めれば完璧なのですが、そうもいかず、こうなったら募集しちゃおうかと思い立ちました。

とはいえ、募集と言っても、なんになるわけでもありません。
賞金が出るわけでも、本になるわけでもなんでもないので、そんなのどうよ.....とも思うのですが、
送っていただいた詩のなかから、「絵をつけたいな」と思うものに絵をつけさせていただいて、このブログ内でアップするっていうだけの猫事記内完結型のお話です。
しかも、まったく個人的に絵にしたいなあと思ったもののみ絵をつけさせていただくという、ずいぶんなわがまま企画です。

それでもいいとお思いの方、どんな形式の詩でもかまいません。
俳句でも短歌でもいわゆる散文詩でも.....、なんてったってあたくしに詩のっつうか文学の素養があるわけでもないので、なんでもかまわないです。

こんな曖昧なゆる〜〜〜い企画、まったくの自己満足です。
集まるかどうかもわからないので、企画倒れになる可能性大です。
それでもまあ、いいかと思います。
しかし、まあ、
『詩は志の之く所なり、心に在るを志と為し、言に発するを詩と為す』(詩経より)ともいいますし、
心深くにある猫への思いを詠んでみませんか?

テーマは猫、
猫という言葉(もしくは猫を感じさせることば)が入っていること。
決まり事はそれだけです。

以下のアドレスにお送り下さい。
futaro1008@gmail.com
カネコ ツミエ


よろしくおねがいします。icon01  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 12:41Comments(6)猫の歌と画

2013年03月11日

恋猫の



恋猫の戻りて家の戸を叩く (東京都)青木千禾子さん
〈朝日新聞 3月11日朝刊 朝日俳壇より〉

日常のちょっとしたことがこんなにも嬉しい................ということを忘れずにいたい。 と 思う。
  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 16:36Comments(10)猫の歌と画

2013年02月25日

恋猫に



久々の「猫の歌と画」シリーズです。
ボロボロドロドロで家にやって来ては、ご飯を食べて、水を飲んで、毛繕いを(一応)して、また出かけて行くグリを見ていると
心配な反面、うらやましい気持ちになる。
今朝の朝日新聞の朝日俳壇に載っていた俳句を「あらまあ!だれかが私の心を詠んでくれた」と思って、
思わず描いてしまいました。

  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 13:05Comments(6)猫の歌と画

2012年10月03日

猫の眼に時間を読みとる



中国人は猫の眼に時間を読みとる。
ある日、ひとりの宣教師が南京の郊外を散歩していたが、時計を忘れてきたのに気がついて、小さな男の子に時間を尋ねた。
中国の子供は最初はためらった。
それから思いなおして、「すぐに申しあげます」と答えた。
まもなく子供は一匹のたいへん大きな猫を腕にかかえて姿を現すと、いわゆる白眼を見つめる具合にその猫の眼をじっと見つめながら、
「まだかっきり正午にはなっていません」と、ためらうことなく断言した。
それは本当であった。

ボードレールの散文詩「時計」(『パリの憂鬱』)



.....この詩....つうか、お話.....すごく好き。  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 19:36Comments(2)猫の歌と画

2012年09月23日

「一匹の猫」



「一匹の猫」
私の中には
一匹の猫がいる
怠惰で高貴で冷ややかで
自分の思うようにしか動かない
その気品にみちた華奢な手足を伸ばして
悠然とねそべっている
猫はいつも
しみったれて実生活的な私を
じっと見下ろしているのだ

歩くときも
話をするときも
猫は決して低くなろうとしない
そのしなやかな体で
ちょっと上品なしなを作ると
首を高く上げたまま立ち去るのだ

私は
もっと汚く
もっと低く
もっと気楽に生きようとするが
私の中の猫は
汚れることをきらい
へつらうことをきらい
馴れ合うことを拒絶し
いつも
気位高く
美しい毛並をすんなりと光らせて
世にも高貴にねそべっている

《『分身』より  塔和子 》  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 17:07Comments(2)猫の歌と画

2012年07月06日

トロ箱に...




朝日歌壇 2011年7月12日 ひたちなか市 猪狩直子さん

  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 14:39Comments(4)猫の歌と画

2012年06月30日

人語の分かる.....


朝日歌壇 2010年7月11日 三郷市 岡崎正宏さん

今の地球上では、いつも、どんな場所でも猫と一緒にきれいな風を感じる事ができる...というのは贅沢なことなのでしょうか????  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 00:08Comments(4)猫の歌と画

2012年06月27日

ちょんちょんと....




朝日歌壇 2012年3月26日 秋田市 鈴木直子さん


このイメージはどうしてもまっちゃんになってしまいます。  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 17:20Comments(10)猫の歌と画

2012年06月22日

猫の寝息が

え〜〜、しつこいようですが猫の歌と画シリーズ....もうひとつどうしても描きたかったので......。



朝日歌壇 2011年1月31日 島田市 小田部雄次さん  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 14:34Comments(14)猫の歌と画

2012年06月20日

むみょうむみょうと......




「猫生まる 無名無名(むみょうむみょう)と 言はれをり」

  朝日俳壇 2012年4月16日 仙台市 福田良光さん   
タグ :絵日記


Posted by TSU at 16:20Comments(4)猫の歌と画