さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


猫事記 › ラクガキ › ラクガキ-2

2012年02月21日

ラクガキ-2





タグ :絵日記

同じカテゴリー(ラクガキ)の記事画像
絵日記お休み/ラクガキの日
同じカテゴリー(ラクガキ)の記事
 絵日記お休み/ラクガキの日 (2012-02-12 18:30)

この記事へのコメント
いいなァ、何とも言えないほどに。
三好達治の詩がこんな風になるなんて。
Posted by 山猫軒 at 2012年02月21日 12:00
山猫軒さま
だめですだめです。
この絵とこの詩の組み合わせをいいなあと思ってはいけないのです。
そう思って描きました。
Posted by TSU at 2012年02月21日 12:02
福島の原発の近くにいまだいる犬猫
なんとか助ける事が出来ないかな
無力な私には1,2匹の預り先になる事すらできないが。
Posted by うにこ at 2012年02月21日 14:22
しんしんと降り積む雪の下での安らかな眠りを
取り上げてしまってはダメですよね。
管理避難地区にもまだ
残された子たちがいるそうです。

命、いのち、イノチ・・・
かけがえないものなのに。
Posted by con_leche at 2012年02月21日 16:41
なんとロマンチック・・・と思いながら見つめたのですけど。
もしやこの煙は原発・・・?

どうか、皆みな安らかな眠りの時を・・・だけど眠らせてはいけない事故の記憶・現実がある。
Posted by 冬の寝子 at 2012年02月21日 18:39
切ない・・・
涙・・・
Posted by miau at 2012年02月21日 22:44
はじめまして。数週間前からお訪ねするようになりました。
少し硬めのタッチでほんわかなイラストを描かれるのに惹かれました。

この数日間、お訪ねする度この悲しいイラストであるのが気になりまして
コメントさせていただきました。

また、何気ない日常の
優しい一コマを見せていただけませんか。
お待ちしております。
Posted by 藏ゆ at 2012年02月25日 10:42
うにこさま
たぶん、すべての人が「ちゃんと考える」ってことが大切なのだと思います。
Posted by TSU at 2012年02月25日 14:43
con_lecheさま
チェルノブイリという前例があっての今回の日本の現実は相当罪深い事だと思います。
Posted by TSU at 2012年02月25日 14:46
冬の寝子さま
あんなことがあるまでは特に気にとめない詩でした。
3.11以降、悲しい事に詩人がイメージした世界とは似ても似つかない絵が浮かんでしまいました。
三好達治さんはたぶん腹をたてていることでしょう。
Posted by TSU at 2012年02月25日 14:50
miauさま
切ないし、悲しいです、が、そうはいってもいられません。
Posted by TSU at 2012年02月25日 14:52
藏ゆさま
はじめまして、コメントありがとうございます。
すみません!突然の身内の不幸で留守にしておりました。
次の日も普通に更新するつもりでいたので、自分でも気になっていました。
よりによって、こんな内容の記事の後3日もあけてしまうとは.......。
ご心配おかけしました、ごめんなさいね。
これに懲りずにまた見てください。
Posted by TSU at 2012年02月25日 14:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ラクガキ-2
    コメント(12)