さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


猫事記 › マチス › 家族の愛

2009年11月16日

家族の愛

マチスがまたもや便秘で苦しんでいた。
カチカチウンチがもうちょっと...ってところで止まっちゃって、困っていたのだ。
(出す事も引っ込める事もできないような微妙な位置で.........ああ、つらい!!)
ここだけの話、私も相当な便秘野郎なのでまっちゃんがかわいそうでしかたがないのだ。
猫トイレの掃除をしていた夫も、私も、当人(猫)のマチスもトイレ周辺でオロオロしてしまった。

3人(?)で勝ち取った勝利だ。
ものすごく大きな試合にチームワークで立ち向かったような気分だった。
ああ、すがすがしい!!
マチスもさぞかし家族の愛を感じた事だろう。

あ!お食事中の方には失礼しました。


↑よかったらクリックしてね!

ファイブ ブログランキング


タグ :絵日記

同じカテゴリー(マチス)の記事画像
望月懐遠
一周忌
「誇り高く生きよう」
...........近頃.....、
芸能の本質
押し入れ
同じカテゴリー(マチス)の記事
 望月懐遠 (2014-09-08 18:05)
 一周忌 (2013-01-18 23:47)
 「誇り高く生きよう」 (2012-08-23 15:00)
 ...........近頃.....、 (2012-08-08 16:16)
 芸能の本質 (2012-07-10 14:27)
 押し入れ (2012-05-24 17:06)

この記事へのコメント
ん、もぉ~~♪
おなかのそこから、「ぐふふふふふふ」って笑ってしまったわよ。
猫も年を取ると出ないことがあるよね~。

マー坊も時々、あるよね~~┐( ̄ヘ ̄)┌
いっぱい先が出ているときには、ティッシュでもって引っ張ることもある。
その後に黄門様が「ポンッ!」って開いているのが受けるんだよねぇ・・・。
ちなみに、マー坊は・・・犬並みのうんぴします・・・・。(爆)
Posted by じゃらし at 2009年11月16日 19:51
TSUさま
まっちゃんも踏ん張る時は顔が赤くなりますか?
便秘は苦しいですよね。
高校生に時に便秘になって初めて便秘薬を飲んだらひどい目に遭いました。
校門の前であまりの腹痛に動けなくなってしまいました。
それがトラウマで以来便秘薬は飲んだことがありません。
毎朝起き抜けに冷たいミルク一杯に救われました。

今日たぶん3,4週間ぶりにクッキーに会いました。
元気でいてくれましたが、首輪に右足も入っていておかしなことになっていたので
直してあげました。
久しぶりでもクッキーは私を覚えてくれていたので嬉しかったです。
Posted by kemmi at 2009年11月16日 22:43
まっちゃんよかったですね!
うちにも便秘がちの子がいて
辛そうに踏ん張っている姿を見ると
応援したくなります。
Posted by ゆう at 2009年11月16日 22:47
じゃらしさま
んふふふふ。
猫の便秘と人間の便秘が同じ感じなのかどうかはわかりませんが、見てるとつい感情移入してしまいますね。
まっちゃんもいやがらずに、私たちの前でがんばってるのに泣けました。
Posted by TSU at 2009年11月16日 22:52
kemmiさま
あ〜〜〜、市販の便秘薬には私も相当ひどい目にあってます。
自分はもう何十年も戦っているからいいのですが、まっちゃんまでもが苦しんでると辛くなります。
クッキーはいつもkemmiさんを待っているのですね、かわいいなあ。
Posted by TSU at 2009年11月16日 22:55
ゆうさま
ねえ、応援したくなりますよね??
こっちまで下っ腹に力が入っちゃいますよね??
Posted by TSU at 2009年11月16日 22:56
ニャンの便秘は可哀相でなりません。
まっちゃんよかったね♪
でもお歳を召されると便秘も深刻ですよね~
せなの時は病院に行って浣腸してもらいました。
トイレを何度も往復して切ない声で泣くんですよね・・・
お腹をさすってあげたりお尻付近に刺激を与えたりと、そりゃあ大変でした。
にゃんずの便秘対策を考えないと・・・ですね。
Posted by よっちゃん at 2009年11月18日 09:59
よっちゃんさま
ほんと、あの小ちゃな身体でうんっうんっ!ってがんばってるの見ると、涙が出そうになります。
今、うちはもう3匹がシニアなのでいろいろ考えないと.....です。
Posted by TSU at 2009年11月18日 23:34
「3人で頑張った」情景に、素晴らしい愛を感じました。
まっちゃんは素敵な家族に恵まれていますね!

今頃の書き込みですが、最近の愛読者なので!TSUさんが気付かれなくても、書いてきたかったのです。
Posted by 冬の寝子 at 2011年06月01日 12:26
冬の寝子さま
ああ、この頃のことを思い出します。
このあと、ベンピはどんどんひどい状態になり、病院での処置が何度かあって、その後自宅での一日おきの浣腸が続いたのでした。
つらかったなあ.......。
今は身体に合う薬がみつかって、とても順調です。
Posted by TSU at 2011年06月01日 12:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
家族の愛
    コメント(10)