さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


猫事記 › ダリ › 大人の顔

2008年05月17日

大人の顔

年齢に関わらず、大人の顔とか子どもの顔とかってあるもんだ。
昔タイの奥地で出会ったいろいろ事情のある子どもたちは、
20歳をとっくに過ぎていた私などよりもずっと大人の顔をしていた。
兎のダリは生後1か月のときにうちに来たのだが、あっという間に大人の顔になった。
最初につけた名前が似合わなくなるほど急にキリリとした顔になったのだ。

たぶん、人でも動物でも何か使命感を持ったり、何か強く決断した時なんか急に大人の顔になるのかもしれない。
幼名『ぷくちゃん』の兎はほんの1週間ちょっとで『ダリ』という名前に変わり、
8歳で月に帰ってしまう頃には『ダリさん』と尊敬をこめて呼ばれていた。

.....来月はダリさんの4回目の命日だ。


↑よかったらクリックしてね!

ファイブ ブログランキング


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(ダリ)の記事画像
望月懐遠
中秋の名月
命日
抗議する兎
ダリと階段
いろんな壁......
同じカテゴリー(ダリ)の記事
 望月懐遠 (2014-09-08 18:05)
 中秋の名月 (2009-10-03 23:51)
 命日 (2008-06-18 14:37)
 抗議する兎 (2008-05-27 16:26)
 ダリと階段 (2008-05-21 12:47)
 いろんな壁...... (2008-05-20 19:10)

この記事へのコメント
立場が人を作るといいますが、動物も同じかもしれませんね。

ここ数日の絵、いつにもまして猫ちゃんたちが可愛いです。
なにかいいことありました?
絵に幸せオーラでてますよ。(^_^)
Posted by 千石涼太郎 at 2008年05月17日 17:22
千石様
絵はいつもとなんら変わりはありませんよ。
たぶん、千石さんの意識のもんだいだと思います。
私の絵は見る人のココロを映すのでぇ〜す!
Posted by tsu-tsu at 2008年05月17日 17:49
ダリさんとまっちゃんがほぼ同じ年?!
ダリさんが6月に亡くなったのは知っていましたので
そろそろ、ダリさんとまっちゃんの馴れ初めが見られると楽しみに
していました。ふたりは同年齢とは仰天でした。

つくづく相性というものがあるのだ確信しました。

老犬の話ですが、息も絶え絶えの状態で「私はもうだめだ」と
食事すら摂るのも止めていたところへ、ひょろひょろの
頼りなさ気な仔犬が仲間入りしました。途端に母性本能に
目覚めたか、シャキとして、その仔犬の面倒をかいがいしく
見始め、自分もそれから数年生き延びた例を知っています
Posted by スー at 2008年05月18日 16:32
スーさま
そうですね、私たちも時々忘れてしまうくらいダリさんは大人っぽかったです。まあ、それだけマチスが甘えん坊だったってことかもしれませんが.....。
今、うちでももしかしたら風太郎の出現はみんなの若返りになってるかもしれません。(そのやさしい老犬のような母性本能ってのではないと思いますが......。)
Posted by tsu-tsu at 2008年05月18日 22:55
動物たちの交流を見て、人間にも考えさせられることがありますね。誰かを守るとか、誰かのためにとか、自分以外のだれかを守る責任を感じるとき、誰もがとても強くなるようです。シンミリ‥
Posted by ななし at 2008年10月09日 13:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大人の顔
    コメント(5)