さぽろぐ

  ペット  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


猫事記 › 2021年03月

2021年03月11日

「いろいろあって......いまはいえにいる」

2017年の冬頃、まだとなりのケンケンが小学生だった頃、学校帰りに友達と話しているのが聞こえた。

ともだち「あのさあ、ここんちさあ、いっぱい猫いたじゃん?最近いないね、あれどうしたの?」
(ここんちというのは、うちのことである)
ケンケン「え?ああ..........」
ともだち「?」
ケンケン「ま、いろいろあって................。今はいえにいる」
ともだち「ふぅん、そうかぁ........、いろいろかぁ」
ケンケン「うん。ま、そういうこと」

小学生......深い!!!



ケンケンの家には、ずいぶん昔グリにくっついてきた子猫(ノブ)と雉子丸の妹(ハツ)がいる。
小学生とはいえ、となりの家の猫事情を知り尽くしていたのだった。

うん、いろいろあったよ。
いろいろ大変だったよ。
でも、「今はいえにいる」
それでなにもかもばっちりだ。
百点満点、問題なしだ!
わたしはその時の小学生が言った「いろいろあって、、、いまはいえにいる」っていうのがすごく気に入っている。
何があっても、どんな時でも、いつか、そう言えれば.....と思う。
そして、しみじみ笑えれば.....と思う。

  
タグ :絵日記


Posted by TSU at 16:33Comments(11)